スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24時間を倍にする法!!

 テレビショッピングなどで布団圧縮袋なる物が紹介されている。
あれは物理的に布団などを圧縮してしまうという、
とてもユニークな商品だ。

時間密度もこのように圧縮できれば
2倍にも3倍にもすることができるのだが・・・。

しかし現実は甘くはない。
一日の長さは人類全てに平等に与えられている24時間のみである。
この物理時間というものは、まったく融通がきかないため
長くも短くもならない。
それを倍にするにはどうすればいいのか?

時間は圧縮することはできなが、処理を圧縮すること
-処理速度を上げること-
で時間の使用密度が上がる。即ち時間が倍になるのだ。
こうなると、時間はテクニックを駆使することで
2倍にも3倍にもなる。
では、実際にどうすればいいのか?

○寝る時間を圧縮してみる。
 8時間の睡眠時間を3時間にするだけで5時間の時間を
手に入れることができる。
「3時間しか睡眠をとらないで大丈夫なのか?」と心配する人は
松原英多著「頭をよくする短眠法」(三笠書房)
を読むことをおすすめする。

○時間を有効活用する。
 初めに一日のうちになにをしたかを1時間ごとに記録していく。
そして、どれだけ時間を活用しているかを分析する。
そうすると一日のうちに5分から10分ぐらい空き時間が
できることが結構あることにきがつく。
大抵はボーっとしてしまうのだが、その時間内にできることを、
あらかじめ用意しておき、
空き時間ができた時にすぐにとりかかれるようにしておく。
これを実行していくと、この時間が結構ばかにならないことがわかる。
「塵も積もれば山となる」である。
 並行処理できるものは同時にする。
すなわち、機械的に処理できるるような内容と並行にする。
例えば、コピーをとりながら英会話のテープを聞いて学習する。
お風呂に入りながらラジオを聞いて情報収集するなどである。

○情報の取り入れ速度をあげる。
 テレビをリアルタイムに見ていたのでは時間を無駄にしてしまう。
文明の力であるビデオデッキで見たい番組を録画しておき、
いっきに見てしまう。
こうしておけば必要のない部分やコマーシャルを早送りできるため、
自分に必要な内容は60分の番組ならば20分ぐらいの長さにはなる。
またSANYOからでている「時短ビデオ」なるものを利用すると、
倍速で見ることができるので、更に20分の半分、
10分で見ることができる。
60分が10分である!実は倍速で見ることは
頭にも良い効果をもたらす。
倍速で見ることによって頭の回転が速くなるのである。
頭の回転が速くなるということは、
処理速度が速くなるということになる。
本からの情報を取り入れる場合には、速読を体得していただきたい。

スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

非公開コメント

プロフィール

山本正彦

Author:山本正彦
過去に「ロリータ姫の伝説」
「メロンソーダ」等のエロゲーを作成。
導光板トップメーカーに入社し、
導光板(バックライト)の開発を手がける。
開発方法のノウハウを完成させる。
会社を退職して
薄型電飾看板「エコライト」を考え商品化。
会社を起業する。
■発明家
■ゲーム作家
■イラストレーター
と名刺に書いてます。(^^

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
216位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。