私が中学生だった頃のお話です。
その頃の私はというと、成績は中の中ぐらい、
学校の勉強はあまり好きではなく、
体育のほうも、からきしだめで、
運動神経が無いという人種。
そんなどこにでもいる?
ごく普通の中学生でした。
(後で知ったのですが、周りの人は、
私のことを変わり者だと思っていたらしいです)

その普通の中学生だった私は、
「天才と凡人の差とは何なのか?」
という素朴な疑問を抱いておりました。
その疑問が原因という訳ではないのですが、
学業そっちのけで疑問の答えを追求していたしだいです。

なぜ、そのような疑問を抱いたのかといいますと、
理由はこうです。
当時私には、ある信念がありました。
(今でもその信念は変わらないです)
それは
「人は生まれながらの天才である」
ということです。
(なぜ、そう思ったのかは後に説明していきます)
しかし実際はどうでしょうか?
悲しいことに、人には能力格差がある。
このことは現実なのです。
どうして、そのような格差が出てしまうのか?
と悩んでいた時、学校近くにある本屋で
運命的な一冊の本と出合ったのです。
トニー・ブザン著作
「99パーセントへの挑戦」
という本です。
この本を読んで解ったことは
「能力格差を産んでいるのは自分自身」
だということでした。
とどのつまりが、自己暗示によって
無意識にリミッターをかけていたということです。
強引な言い方になってしまいますが、
天才との違いは「天才は自分のことを天才だと知っている」
といえます。

これで抱いていた疑問が解決したため、
次は能力格差をどのように無くすか、
その方法を探究していくだけです。
スポンサーサイト
記事のアップを怠けており
たいへん申し訳ありませんでした。
そこで、コンテンツを新たに追加します。
「脳力開眼(仮)」
人間が本来もっている脳力を
いかに引き出し、実行するのかを
書いていきたいと思います。
草稿を書き溜めて、最終的に
本にまとめられたらと考えております。
ツイッターで
今日がツインテールの日だということを
知りましたので、とりあえず
ぺたっ!
ツインテールのブルマっ子
新年
明けまして
おめでとうございます。

イラストの用意ができませんでしたので
前に描いたのを、使いまわしました。

あけおめ2016
明けまして
おめでとうございます!
本年も
よろしくお願いいたします。m(__)m

あけおめ2015
プロフィール

山本正彦

Author:山本正彦
過去に「ロリータ姫の伝説」
「メロンソーダ」等のエロゲーを作成。
導光板トップメーカーに入社し、
導光板(バックライト)の開発を手がける。
開発方法のノウハウを完成させる。
会社を退職して
薄型電飾看板「エコライト」を考え商品化。
会社を起業する。
■発明家
■ゲーム作家
■イラストレーター
と名刺に書いてます。(^^

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
生活デザイン
162位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSフィード